Brew it like VERVE!

毎号、Stanart Japanの 定期購読者のみなさんには、雑誌と一緒に世界トップクラスのロースターから40g程度のおまけサンプルコーヒーをお届けしています。Standart Japan第14号のお試しコーヒーは、カリフォルニア州サンタクルーズ発VERVE Coffee Roastersのもの!

2016年に日本上陸を果たし、今年7月には北鎌倉にロースタリー&カフェをオープンしたVERVE。ますます勢いづく彼らの人気定番商品「1950」ブレンドを最新号のStandart Japan 14号と一緒にお届けします。以下ではVerveおすすめのレシピをご紹介しますよ!

ちなみにこの1950という名前、なんだろう?と思う方も多いはず。実は、VERVEが創業間もないころに、Googleのオフィス向けに特別に作られたコーヒーが名前の由来だそう。届け先住所の末尾が1950という番号であったことから、商品化の際にそのままThe 1950と名付けたそうですよ。VERVEのストーリーや豆の詳細はこちらのページに記載されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

Verve Coffee Roastersおすすめの抽出レシピ

VERVE Coffeeでは、ステンレス製のカリタウェーブ185を使用しています。底面がフラットなので湯が均等に粉に触れやすく、注ぎによる味わいのブレを抑えられます。レシピはできるだけシンプルに。可変要素を減らして、誰でも簡単に味わいをコントロールできるように設計しております。

コーヒー:20g
挽きめ:中細挽き
水:320ml
湯温:88~92度
抽出時間:2分半~3分

ステップ1:20gのコーヒーを用意。1:16(コーヒー:お湯)の比率で抽出するため、飲みたい量に合わせてこの比率で計算してください。お好みにもよりますが、中細挽きを目安に挽きましょう。

ステップ2:タイマーをスタートさせ、40gのお湯を注ぎます。30秒になるまで待ちます。全てのコーヒー粉にお湯が触れることに心がけましょう。蒸らしではコーヒーのガスを放出させ、成分の出やすい状態を作ります。 ここから全て30秒ごとに湯を注いでいきます。

ステップ3:2投目。タイマーが0:30になったら、お湯を160g(総湯量の半分)になるまで注ぎます。全体の粉を攪拌させるように注ぎ、ここで良質な成分をたくさん引き出します。

ステップ4:3投目。タイマーが1:00になったら、お湯を240g(残りの湯量の1/2の量)までゆっくり注ぎます。

ステップ5:4投目。タイマーが1:30になったら、 お湯を320gまで注ぎ、落ちきるまで(2:30-3:00くらい)待つ。

※3-4投目は気持ち優しく注ぎ、ドリッパー内に湯を貯めるようにして、雑味を押さえ、甘さや質感をゆっくり引き出すイメージで注ぎます。

良質なコーヒー豆ほど、しっかり成分を引き出してあげることが大事です

色々変えてしまうと複雑になってしまうので、これをベースに、お好みに合わせてまずは挽き目を調節してみてください。シンプルに捉える事が美味しいコーヒーへの近道です!

VERVE Coffee Roastersの皆さんありがとうございました!
それでは皆さん、本日も良い1日を良いコーヒーと👍
Brew it like VERVE!

国内への発送

東京の倉庫より発送。国内のお住まいの地域にもよりますが、2~8日程度で到着します。

季刊誌

3か⽉ごとに最新号があなたのご自宅やコーヒーショップに届きます。定期購読して、印刷されたばかりの雑誌をGET!

コーヒー豆の付録

世界トップクラスのロースターが焙煎したコーヒー⾖をお届けします。一番人気の年間購読プランなら、1冊ずつ買うよりもお得。