コーヒー界のニューロダイバーシティ:イラストのコンセプト

スペシャルティコーヒー界は、若く活気に溢れたインクルーシブな業界で、熱い想いを胸に秘めた人たちからなるコミュニティに立脚しています。 それゆえこの業界には、さまざまな趣味趣向や能力、背景を持った人たちを受け入れられる力が備わっています。

そんな業界で働く「ニューロダイバース」な人々は日々どのように生活し、それぞれの症状と向き合っているのか。そして職場は、どのようにニューロダイバスな人たちを支えているのか。Standart Japan 13号の「コーヒー界のニューロダイバーシティ」では、ジャーナリスト、コンサルタント、さらには限局性学習症専門の講師としても活躍するPhilip Wain 氏が、「脳の多様性」がもたらす利点や才能に光をあてつつ、コーヒー界のニューロダイバーシティの現状を追いました。

主に4種の神経発達症に光を当てた同記事には、個々の特徴を表現するオリジナルイラストが掲載されています。それぞれ、どんな意味が込められているのでしょうか?  

アーティストOhni Lisle
拠点:ブルックリン
Instagram@ohnilisle
ウェブサイトohnilisle.com

 

自閉スペクトラム症

Ohni Lisleさんからのコメント

 

自閉スペクトラム症については、自分という空間に閉じ込められたような感覚を抱く当事者が多いという事実に基づき、窓をひとつのキービジュアルとして考えました。口をビビッドな赤で表現したのは、話し言葉での自己表現を苦手とする人が多いということを表しています。

 

ADHD

ADHDのイラストでは、頭部に複数の色が投影されている様子を描くことで、さまざまな考えや外部からの刺激が脳内を巡る様を表現しようとしました。

 

ディスレクシア

ディスレクシアは、人間を本のような形で表現し、当事者の悩みとしてよくあげられる文章の読解の難しさを描こうと考えました。

 

ディスプラキシア

最後にディスプラキシアについては、バランスの保持や空間把握に関わる困難を表現するために天秤やメビウスの輪のような輪郭を活用しました。

——————

 

当事者の人たちは具体的にどんな事に悩み、コーヒーの仕事に携わる中でどのように自分の性質と付き合っているのか、そして周囲にいる人たちには何ができるのか。詳しくはStandart Japan13の「コーヒー界のニューロダイバーシティ」をチェックしてみてください。

コーヒー界のニューロダイバーシティ:イラストのコンセプト

国内への発送

東京の倉庫より発送。国内のお住まいの地域にもよりますが、2~8日程度で到着します。

季刊誌

3か⽉ごとに最新号があなたのご自宅やコーヒーショップに届きます。定期購読して、印刷されたばかりの雑誌をGET!

コーヒー豆の付録

世界トップクラスのロースターが焙煎したコーヒー⾖をお届けします。一番人気の年間購読プランなら、1冊ずつ買うよりもお得。