#74: 労組、壁、コーヒー

おはようございます。今週はどんな一週間でしたか?

Issue No. 25からスタートした2021年のニュースレターも、74回を迎え、いよいよ今年最後のニュースレターとなりました。50週間も休まずThe Weekend Brewを皆さんにお届けできたことにまず若干驚きつつ、案外すごいことだなぁと感じています。

来年も引き続き、毎週日曜朝に皆さんのメールボックスにお邪魔したいと思います。コーヒーの蒸らしの時間に、布団の中で、トイレの中で、待ち合わせの隙間時間に、カレーを煮込んでる時に、電車やバスの中で、コーヒー片手にカフェでゆっくりと……いろんなシーンでメールを開いてもらえたら嬉しいです😀

そして改めて、毎週コーヒーをご提供してくださっている全国のロースターの皆さん、レシピをご紹介いただいている全国のバリスタの皆さん、もちろんThe Weekend Brewを執筆・編集してくれているTakaya & Atsushi、いつも本当にありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします✌️年明けは1月9日からの再開です。

最後に、アメリカのコーヒーニュースメディアSprudgeが毎年開催しているSprudgie Awardに、Standartが今年もBest Coffee Magazineのカテゴリーでノミネートされました。Standartに掲載された記事を執筆したベン・ワーガフトさんやアシュリー・ロドリゲスさんも、Best Coffee Writingでノミネートされています。もしお時間ある方は、ぜひ清き一票を。投票はこちらから、2022/1/9までです!

最新号のStandart Japan 18号も在庫が残り100冊を切りました。年内の発送は27日までとなります。定期購読をご希望の方は、年末年始のお供にでもぜひ。

今年も1年、Standartをサポートいただきありがとうございました!
それでは皆さん、良いお年を。

編集長 Toshi


 

 

 

This Week in Coffee 
世界のコーヒーニュース

ストーリーを紡ぐもの

先日建築・デザインメディア『Dezeen』で、コーヒーの生豆を入れる袋の原料「フィケ」を使ってファニチャー作品をデザインするロサーナ・エスコバール氏についての記事が公開されました。豆袋の再利用だけでなく、豆袋そのものの製造過程やフィケ農家に焦点を当てた制作背景にも魅力を感じる事例です。

フィケの主要生産国の1つが、コーヒー生産国としても名高いコロンビア。エスコバール氏は制作を始める前に自身の出身国コロンビアで、フィケの生産から豆袋の製造に至るまでの産業全体についてリサーチしました。すると原料の精製時に生まれる産毛のような繊維や、規格外もしくは使用後の豆袋が廃棄されていることが分かり、その後フィケ農家の技術を採り入れた「生産国で作られるファニチャー」のデザインに至ったとのこと。そこには、原料だけでなく商品の製造・加工まで国内で行うことで、生産者・生産国が付加価値を享受できるのでないかという、彼女の現状の経済システムに対する問題意識も反映されています。

「自分の作品を通じて原料(フィケ)に”声”を与えることで、人々との間に新たなストーリーを紡いでいきたい」と語るエスコバール氏が志す未来は、スペシャルティコーヒー業界の目指す景色と重なっているように感じてなりません。一つの商品、一つの道具、そして一杯のコーヒーができるまでには必ず人の存在がある。それぞれのスペシャルな物語を読み解いていく中で出会う豊かさを大切にしていきたいです。

 

その他の気になるニュース

▷ 今月9日、NY・バッファローのスターバックス店舗で、米国内の直営店初となる労働組合が結成されました。これを受け、現在ボストン近郊の2店舗でも労組結成に向けた動きが。

▷ Sprudge Awardsのロースター部門ファイナリストに、Leaves Coffee Roastersが日本から唯一ノミネートされました。デザイン・パッケージ部門には、スイスのMAMEの名前も。来年1/9 〆切でこちらから投票を受け付けています(コーヒーマガジン部門のStandartにもぜひ清き一票を🙏)。

▷ 壁に取り付けられるピストンレバー式エスプレッソマシン「Superkop」がクラファンを経て製品化。電気を一切必要とせず、手押しポンプの要領でエスプレッソが抽出できます。手動ってところがまたそそられます。

▷ コーヒーチェリーの果皮・果肉(カスカラ)の抽出液が、覚醒度と気分を高めるかもしれないという研究結果を英大学が発表。近年注目を集めるカスカラの健康食品としてのさらなる効果に期待が高まります。

▷ サウジアラビア王国の文化省が、国内のコーヒー産業のさらなる活性化を図るため2022年を「サウジコーヒーの年」に制定。2022年がコーヒーラバー全員にとって素敵なコーヒーイヤーになりますように🤞

 

 

What We're Drinking
今週のコーヒー

 

coffee uno 三重(地図

三重県鈴鹿市のスペシャルティコーヒー専門店。 こころ豊かになるコーヒーをお届けするため、日々焙煎しています。 コーヒーの奥深い世界を体験してください。 Enjoy coffee!!

生産者:DEVON PLANTATION&INDUSTRIES LTD

生産地域:インド カルナータカ州チクマガルール地方(地図

品種:SL9

精製方法:ナチュラル

テイスティングノート:ダークチョコ、ワイン樽、ハーブ

編集長のコメント:

The Weekend Brewの2021年最後を飾るコーヒーは、産地初登場のインド! 以前何度か飲んだことがありますが、もうずいぶん前のこと。ワクワク昂る気持ちでハンドグラインダーの取っ手を回す手にも力が入りました。ミディアムローストとパッケージにある通り、パンの焼けたような香ばしい匂い。スパイス香があり、シナモンやカルダモンブレッドが焼き上がったばかりのカフェに入ってきたような気分です。まず最初に感じたのは、ほのかな柑橘系のフレーバー。滑らかな質感と共に、黒糖やチョコレートの甘味と適度なビターさが訪れます。チョコレートが口の中でゆっくりと溶けていくような口どけの良さを感じ、上質なガトーショコラを食べているかのよう。甘く続く余韻は口の奥からじんわり長く続き、鼻から息を吐くとふわりと香る残り香が心地よいです。冷めてきても、濃く抽出したチャイやスパイスウォーターを飲んでいるかのようなクリーンな味わいがあります。インドすげーと、一人悶絶。寒くなってきたこの時期にぴったりなコーヒーでした。


Artists in Residence
Standartを彩るアーティストたち

アーティスト: 

アルヴァロ・ベルニス ウェブサイト Instagram

プロフィール:

スペイン・マドリードを拠点とするイラストレーター。クリエイティブスタジオのアートディレクターを経てフリーランスへ。The New Yorker, The Economistをはじめとする大手メディアをクライアントに活動中。

最新の掲載記事:

Standart Japan 第15号
「スペシャルティの限界:環境政策と左派」

Inspiration
おすすめの本、映画、音楽、アート

Where the Leaves Fall

Where the Leaves Fallは、ロンドン発のインディペンデントマガジン。クリエイティブや食、エコロジーの観点からイベントやワークショップなどを開催するOmVed Gardensというガーデンスペースの全面バックアップのもと、ファウンダーであるルシアーネ・ピサーニ氏とデイヴィッド・リーヴ氏が2019年にローンチしました。これまでに8号発行されており、自然や環境を主なテーマに(Standartでいうところのコーヒー)、さまざまな角度から人間と自然との関係性を見直しながら紐解きつつ、現代でバランスが崩れてしまったその相互関係を再構築していくために私たちが何ができるのか、何をすべきなのかを教えてくれます。農家や先住民族、難民、アーティストやシェフといった人たちの声やストーリーは、日々の生活の中で自然との接点がなくなればなくなるほど、人類の営みがどのように自然に影響を与えているのかを考えにくくなり、その結果、人間が自然の一部であるということを忘れていると警鐘を鳴らしているよう。雑誌作りにおいてもStandartに通づるものがあり、世界中のコントリビューターと共に、ショートストーリーやエッセイ、フォトグラフィーやイラストでテーマを多角的に伝えていて、ジャーナリズム性やデザインが秀逸です。印刷はBコープにも認証されているSeacourtで行っていて、この印刷会社が持つ環境負荷を最小限にまで留めた印刷技術で印刷しているのだとか。プロダクトからブランディングまでしっかりと筋が通っていて、見ていて気持ちがいいです。こんな雑誌が日本語でもあればなと思うばかりです。(いやあるよ!という情報お持ちの方はぜひ教えてください🙏)

 



Brewing with…
あの人のコーヒーレシピ 

 

梶谷 美好

ジム・ジャームッシュの『コーヒー&シガレッツ』を観てcoffeeを好きになり、戦中・満州の屋台で生まれた小さな喫茶店。京都・「六曜社珈琲店」に影響を受け屋台を作りました。 普段は京都中央卸売市場で豆を煎り路上でcoffeeを淹れています。 この街の風景と人々が好きです。 coffeeの味や香りの奥にある、微かな光のような、閃きや、繋がり、空気感を大切に、coffeeをお淹れしています。  

セットアップ:

抽出器具:HARIO.V60.02
豆量:12g
湯量:200ml
挽き目:BOMMAC #4.5
湯温:88 - 92℃
抽出時間:2:30

手順:

  1. 30ml - 0:30
  2. 90ml - 1:00
  3. 130ml - 1:30
  4. 200ml - 2:10
  5. 0ml - 2:30

    ポイント:

    珈琲が深呼吸している感覚でお湯を注いでいます。

    コメント:

    ジャッキー・チェンは言います。
    "Coffee's language in itself"(コーヒーは言語そのものだ)

    coffee 一杯で多くの方と繋がれることや、普段、お客様と、何気ない会話や、下らない話、夢の話が真面目に出来る事、その一つ一つがもの凄く大切に思わせてくれるcoffeeに出会えて感謝です。 寒い日が続きますが、皆様も、健康に気をつけながら、どうかより良いcoffee life をお過ごし下さい。

     


     

    今週の The Weekend Brew はいかがでしたか?

    バックナンバーを含め、The Weekend Brewの感想やコメントはぜひ #standartjapan のハッシュタグと共にシェアをお願いします! 質問はメールでお待ちしております。またお友達やご家族など、The Weekend Brew を一緒に楽しんでもらえそうな方にこのメールを転送していただけると嬉しいです。

    Standart JapanのウェブサイトInstagramFacebookもぜひチェックしてみてくださいね。

    今週の The Weekend Brew は Standart Japan 第18号スポンサーのブルーマチックジャパン、パートナーの Victoria Arduino x トーエイ工業The Roast Expert by PanasonicFAEMA x DKSHのサポートでお届けしました。

    LOVE & COFFEE✌️
    Standart Japan
    (執筆・編集:Takaya & Atsushi)

    #74: 労組、壁、コーヒー

    国内への発送

    東京の倉庫より発送。国内のお住まいの地域にもよりますが、2~8日程度で到着します。

    季刊誌

    3か⽉ごとに最新号があなたのご自宅やコーヒーショップに届きます。定期購読して、印刷されたばかりの雑誌をGET!

    コーヒー豆の付録

    世界トップクラスのロースターが焙煎したコーヒー⾖をお届けします。一番人気の年間購読プランなら、1冊ずつ買うよりもお得。