Standart Japan #6

¥1,450

COFFEEチャプター

ひとがフレーバーを知覚するときに体内で何が起きているのかを学んだあとは、カフェにおける良き相棒であり、ライバルでもあるコーヒーと紅茶の熱いバトルをのぞいでみましょう。あれほど名前をよく聞くのに、実は小規模農家が全体の7割を占めるケニヤの歴史と現状の次は、少しずつ変化しつつある「スペシャルティ」という言葉に改めて光をあてます。

PEOPLEチャプター

切れ味たっぷりのMatt Pergerさんの目からバリスタ・コーヒー業界の今を眺めたら、Standart Russia代表Kirillの写真を入り口に、街中に隠された秘密の酒場スピークイージーを訪れましょう。Meet Your Stockistでご紹介するのは京都のWeekenders Coffee Tominokojiと長崎のKariomons Coffee Roaster。性差別や多様性にフォーカスしたシリーズの最新作は、カフェや競技会における女性差別について。

WORLDチャプター

BOOK AND BED TOKYOの力丸さんには、体験を売るブランディングについての話を聞きました。「泊まれる本屋」で一休みしたあとは、モカエクスプレスで蒸気機関時代へタイムスリップ。一方日本からは27 COFEE ROASTERSの葛西さんが、ホンジュラスへと今年も旅立ちます。そして第6号を締めくくるのは、ブラジル・サンパウロのシティガイド。実はブラジルは今でも「コーヒー鎖国」状態にあるって知っていましたか?

 

6号のメインスポンサーは、今年150周年を迎える焙煎機のマーケットリーダーProbatとその日本総代理店であるDKSHジャパンに務めていただきました。スポンサー記事では、両社の歴史と、Probatがなぜ多くの焙煎士たちに愛されているのかをお伝えします🙏🙏

そして、パートナーはお馴染みのエスプレッソマシンメーカーVictoria Arduino、4号のスポンサー記事でも記憶に新しいグリーンコーヒーインポーターのワタル株式会社、そして以前からStandartをサポートしてくれている世界的なデカフェブランドSwiss Waterです。みなさま、本当にいつもありがとうございます!

 

    配送料

    配送料は、チェックアウト時にて計算されます。

    発送方法

    東京の倉庫より発送いたします。冊数に応じて発送方法が異なります。
    1冊:ヤマト運輸クロネコDM便
    2冊以上:佐川急便の宅配便
    国内のお住まいの地域にもよりますが、2~8日程度で到着いたします。

    COFFEE

    毎号、世界トップクラスのロースターが定期購読のお客様のために焙煎したコーヒー豆を、定期購読の限定付録として最新号と共にお届けします!(数量限定、30-40g程度) 11号の付録コーヒー豆は完売しました)