Standart Japan サブスクリプション(3ヶ月購読)

¥2,900

鍼灸、シンセサイザー、コーヒー

国内消費に支えられ他の生産国とは異なる道のりをたどってきたタイや、常に現場に立ちコーヒーの新たな可能性を探るCOFFEE BASE牧野 広志さんの物語、電子音楽のパイオニアでグラミー賞にも幾度となくノミネートされた作曲家スザンヌ・チアーニさんのインタビューなどが詰まったStandart Japan 22号。

特集記事は、気候変動によりますますその重要性が高まる種苗セクターの実態に迫る「サステナビリティの種蒔き」。気温上昇やそれに伴う病害虫によるコーヒー生産へのダメージを防ぐためには農法の改善だけでなく、それぞれの生産地域にあった品種の採用が欠かせません。 しかし植え替えに要する時間や、各品種や種苗に関する情報へのアクセシビリティの問題などから改善は遅々として進んでいないのが現状。そこで改めて種苗セクターの重要性について理解を深め、現在どのような対策がとられようとしているのかを明らかにしていきます。