Standart Japan #4

¥1,450

バックナンバーの単号購入オプションです。お試し用のコーヒー豆はついてきませんのでご注意ください。 

気になる内容は?

遺伝子工学がコーヒー業界におよぼす影響について一緒に学んだあとは、厳しい自然が生み出すパプアニューギニアのコーヒーの歴史を美しい写真とともにご紹介。これまであまり語られることのなかった生豆の輸入のイロハを身につけたら、 コーヒーを片手にアートとコーヒーの関係性について想いをはせてみましょう。

皿洗い担当からカフェ専門のコンサルタントに成り上がったEden-Marie Abramowicz氏のストーリーは、全てのバリスタ 必読。カフェに潜む性差別の現状について理解を深めたあとは、店内でよく耳にする会話を眺めてひと休み。持続可能な産業を築くには、ビジネスの知識も大事だということをお忘れなく。

消費者とコーヒーの接点であるカフェは、どのようなプロセスを経て出来上がるのか? デザイナー 林洋介氏がその裏側を教えてくれました。南米の小国エルサルバドルで成長を続ける新しいコーヒー産地チャラテナンゴ、そして伝統と流行がせめぎ合うインドを旅したあとは、あの有名チェーンのお膝元 シアトルへ皆さんをお連れします。

今号のメインスポンサーは、生豆問屋として戦後から日本のコーヒー業界を支えてきたワタル株式会社。日本企業として初めてStandart Japanをサポートしてくれました。

    配送料

    配送料は、チェックアウト時にて計算されます。

    発送方法

    東京の倉庫より発送いたします。冊数に応じて発送方法が異なります。
    1冊:ヤマト運輸クロネコDM便
    2冊以上:佐川急便の宅配便
    国内のお住まいの地域にもよりますが、2~8日程度で到着いたします。

    COFFEE

    毎号、世界トップクラスのロースターが定期購読のお客様のために焙煎したコーヒー豆を、定期購読の限定付録として最新号と共にお届けします!(数量限定、30-40g程度) 11号の付録コーヒー豆は完売しました)