Sample Coffee | Blue Tokai Coffee Roasters

India - Kerehaklu Estate Strangler Natural

Standart Japan第22号のサンプルコーヒーを提供してくれたのは、インド発のスペシャルティコーヒーブランド、ブルートーカイ!
India - Kerehaklu Estate Strangler Natural

Kerehaklu Estate Strangler Natural Process

インド南部のカルナタカ州、チクマガルール地域にひっそりと佇むケレハカルエステートは、ティパイア家が4世代にわたって経営してきました。275エーカーに広がるこの農園は、海抜約1200メートルの高さに位置しています。農園名は、古いカンナダ語で「湖のほとり」を意味する「kere」と「シェルター」を意味する「haklu」に由来しています。ケレハカルエステートのコーヒーは、イチジク、マンゴー、アボカド、ジャックフルーツ、ザボンといった日陰栽培用の様々な植物と一緒に育てられています。チャンドラギリ、セレクション795、セレクション9、セレクション6、および少量のリベリカ種とロブスタ種がここで栽培されています。

生産者のプラノイ・ティパイヤ氏は、シドニーで生物学の学士号を取得した後インドへ帰国し、現在はコーヒー生産に情熱を注ぐ傍で、ケレハカルの農産物を通じて、西ガーツ山脈(インド亜大陸西海岸沿いに連なる山脈)の生物の多様性を人々にもっと認識してもらいたいという思いのもと、在来種と外来種の相互作用の歴史の探究を行っています。農園を訪れると、キヴィ(パートナーの愛犬)と共に農園を巡回しながら、農園周辺の自然界を記録して周るプラノイ氏の姿が頻繁に見られます。

オリジン : インド・カルナタカ州チクマガルール
品種 : セレクション6
農園 :ケレハカルエステート
フレーバープロファイル:ミルクチョコレート、アプリコット、ストロベリー
プロセス : Strangler Natural Process(ストラングラーナチュラル精製)
標高 : 1,075-1,200m

Kerehaklu Estate Strangler Natural Process

インド南部のカルナタカ州、チクマガルール地域にひっそりと佇むケレハカルエステートは、ティパイア家が4世代にわたって経営してきました。275エーカーに広がるこの農園は、海抜約1200メートルの高さに位置しています。農園名は、古いカンナダ語で「湖のほとり」を意味する「kere」と「シェルター」を意味する「haklu」に由来しています。ケレハカルエステートのコーヒーは、イチジク、マンゴー、アボカド、ジャックフルーツ、ザボンといった日陰栽培用の様々な植物と一緒に育てられています。チャンドラギリ、セレクション795、セレクション9、セレクション6、および少量のリベリカ種とロブスタ種がここで栽培されています。

生産者のプラノイ・ティパイヤ氏は、シドニーで生物学の学士号を取得した後インドへ帰国し、現在はコーヒー生産に情熱を注ぐ傍で、ケレハカルの農産物を通じて、西ガーツ山脈(インド亜大陸西海岸沿いに連なる山脈)の生物の多様性を人々にもっと認識してもらいたいという思いのもと、在来種と外来種の相互作用の歴史の探究を行っています。農園を訪れると、キヴィ(パートナーの愛犬)と共に農園を巡回しながら、農園周辺の自然界を記録して周るプラノイ氏の姿が頻繁に見られます。

オリジン : インド・カルナタカ州チクマガルール
品種 : セレクション6
農園 :ケレハカルエステート
フレーバープロファイル:ミルクチョコレート、アプリコット、ストロベリー
プロセス : Strangler Natural Process(ストラングラーナチュラル精製)
標高 : 1,075-1,200m

精製方法について

私たちブルートーカイは2019年からケレハカルエステートのコーヒーを仕入れ始めましたが、プラノイ氏の行う革新的な精製処理にいつも感銘を受けてきました。

今回お届けするコーヒーは、ケレハカルエステートで生育するStrangler Fig(ストラングラーフィグ - 熱帯に分布するイチジク属や一部のつる植物などの俗称)にちなんで名付けられた Strangler Natural Processと呼ばれる、農園独自に開発されたプロセスを使用して精製されました。

収穫時のチェリーの糖度のベンチマークはBrix26で設定され、茂みの枝いっぱいに実った熟度の高いチェリーは、発酵工程を経たのち、ナチュラルプロセスで精製されます。収穫後のチェリーはセラミックでできたタンクに移され、水面に浮いた熟度の足りないチェリーや、ハンドソーティングによって選別された傷んだチェリーは取り除かれます。

その後、底に沈んでいるチェリーのみすくい上げられ、一方向のみ空気が通る通気栓が取り付けられた、気密性の高い発酵用PET製のバレルの中で発酵されます。バレルは室内の安定した環境下で管理され、pHの変化率を定期的に監視することで発酵を終了するタイミングを判断します。

発酵工程を経たチェリーは、パラボリックソーラーフライヤー(簡易的なビニールハウス)内の上げ床で天日干しされ、およそ20日後に水分含有量が11%に達するまで、定期的に攪拌したり、手でならしたりしながら乾燥させられます。

行き届いた管理の元精製されたこのコーヒーは、とても繊細で複雑なフレーバーを持つユニークなコーヒーになりました。

精製方法について

私たちブルートーカイは2019年からケレハカルエステートのコーヒーを仕入れ始めましたが、プラノイ氏の行う革新的な精製処理にいつも感銘を受けてきました。

今回お届けするコーヒーは、ケレハカルエステートで生育するStrangler Fig(ストラングラーフィグ - 熱帯に分布するイチジク属や一部のつる植物などの俗称)にちなんで名付けられた Strangler Natural Processと呼ばれる、農園独自に開発されたプロセスを使用して精製されました。

収穫時のチェリーの糖度のベンチマークはBrix26で設定され、茂みの枝いっぱいに実った熟度の高いチェリーは、発酵工程を経たのち、ナチュラルプロセスで精製されます。収穫後のチェリーはセラミックでできたタンクに移され、水面に浮いた熟度の足りないチェリーや、ハンドソーティングによって選別された傷んだチェリーは取り除かれます。

その後、底に沈んでいるチェリーのみすくい上げられ、一方向のみ空気が通る通気栓が取り付けられた、気密性の高い発酵用PET製のバレルの中で発酵されます。バレルは室内の安定した環境下で管理され、pHの変化率を定期的に監視することで発酵を終了するタイミングを判断します。

発酵工程を経たチェリーは、パラボリックソーラーフライヤー(簡易的なビニールハウス)内の上げ床で天日干しされ、およそ20日後に水分含有量が11%に達するまで、定期的に攪拌したり、手でならしたりしながら乾燥させられます。

行き届いた管理の元精製されたこのコーヒーは、とても繊細で複雑なフレーバーを持つユニークなコーヒーになりました。

ブルートーカイコーヒーについて

私たちは2013年にインドの首都ニューデリーで創業したコーヒーロースターです。コーヒーの生産量に着目すると、インドは世界でも有数のコーヒー生産国ですが、創業当時、高品質のインド産コーヒーのほとんどが欧州をはじめとするコーヒー消費国へと輸出されており、インド国内でインド産スペシャルティコーヒーを飲める機会はほとんどありませんでした。

アメリカ育ちでコーヒーカルチャーに親しみのあった創業者のマットは、自身が無類のコーヒー好きであったこともあり、インド国内の飲食店で提供されるコーヒーの品質に満足できず、また自国で生産された高品質なコーヒーを自国で手に入れることができない状況に違和感を抱き、パートナーのナムラタと共にコーヒーロースターとして創業することを決意します。

創業以来、インド国内のさまざまな農園を訪れ、生産者の方々とのコミュニケーションを大切にしながら、インドを代表するコーヒーロースターとしてインドのスペシャルティコーヒーシーンを盛り上げてきました。

そんな私たちは2021年より、日本での展開をスタートしました。生産国発のコーヒーロースターとして、コーヒー生豆の生産、調達、焙煎、販売、コーヒーの抽出、提供までの全ての工程に密接に関わり、私たちの国で生産された魅力的なコーヒーを、私たち自身の手で、日本のお客様へお届けしていきます。

ブルートーカイコーヒーについて

私たちは2013年にインドの首都ニューデリーで創業したコーヒーロースターです。コーヒーの生産量に着目すると、インドは世界でも有数のコーヒー生産国ですが、創業当時、高品質のインド産コーヒーのほとんどが欧州をはじめとするコーヒー消費国へと輸出されており、インド国内でインド産スペシャルティコーヒーを飲める機会はほとんどありませんでした。

アメリカ育ちでコーヒーカルチャーに親しみのあった創業者のマットは、自身が無類のコーヒー好きであったこともあり、インド国内の飲食店で提供されるコーヒーの品質に満足できず、また自国で生産された高品質なコーヒーを自国で手に入れることができない状況に違和感を抱き、パートナーのナムラタと共にコーヒーロースターとして創業することを決意します。

創業以来、インド国内のさまざまな農園を訪れ、生産者の方々とのコミュニケーションを大切にしながら、インドを代表するコーヒーロースターとしてインドのスペシャルティコーヒーシーンを盛り上げてきました。

そんな私たちは2021年より、日本での展開をスタートしました。生産国発のコーヒーロースターとして、コーヒー生豆の生産、調達、焙煎、販売、コーヒーの抽出、提供までの全ての工程に密接に関わり、私たちの国で生産された魅力的なコーヒーを、私たち自身の手で、日本のお客様へお届けしていきます。

国内への発送

東京の倉庫より発送。国内のお住まいの地域にもよりますが、2~8日程度で到着します。

季刊誌

3か⽉ごとに最新号があなたのご自宅やコーヒーショップに届きます。定期購読して、印刷されたばかりの雑誌をGET!

コーヒー豆の付録

世界トップクラスのロースターが焙煎したコーヒー⾖をお届けします。一番人気の年間購読プランなら、1冊ずつ買うよりもお得。